日焼けがシミ・そばかすになる原因

shutterstock_408370750日焼けをするということは肌にとって悪いです。特にその影響としてシミやそばかすができることがあります。日焼けがシミやそばかすになる原因としてどういうことにあるのかというのを知っていれば、きちんとした対策につながるのではないでしょうか。

■紫外線のUV-B波による影響がある

日焼けをした時にシミやそばかすになるというのは、紫外線のUV-B波による影響があります。この紫外線は皮膚の表面を強く刺激しますので、浴びた時には赤みを帯びることになります。その時に皮膚の内部では真皮を守ろうとしてメラニンが生成されます。この時メラニンが黒い色素に当たるために、これがシミやそばかすと呼ばれるものです。

通常であれば肌のターンオーバーによって剥がれ落ちればいいわけですが、紫外線を浴び続けるとなるとずっと皮膚に沈着することになります。若いころであればターンオーバーによって剥がれ落ちるわけですが、加齢によって新たなメラニンが肌にずっと残って、シミやそばかすがさらにできてしまいます。

■紫外線のUV-A波によってさらにダメージが残る

UV-B波によってメラニンが生成されるわけですが、それよりも波長が長いUV-A波はより一層真皮まで到達することができますので、長い時間を掛けて皮膚細胞に対してダメージを与えることが可能です。UV-A波によってより一層メラニンが濃くなったり、潜んでいた臼井メラニンが出てくることも考えられます。

■ターンオーバーのリズムが崩れるとできやすくなる

若いころであればターンオーバーが28日ぐらいあるので、メラニンがはがれおちるということも十分にありますが、加齢に伴ってターンオーバーの周期が長くなってしまうと、メラニンが残留し続けることになります。ターンオーバーの仕組み自体が弱くなっていることが原因としてあります。

若いころと同じように日焼けをしていると、いつまでも肌の色が戻らないだけでなく、蓄積されたメラニンと共に今まで受けてきたダメージによって、ターンオーバーのリズムが崩れてしまいますので、ずっとメラニンが残り続けて、シミやそばかすが目立つ結果になります。

■紫外線を浴び続けるとシミやそばかすの原因になる

光が強いUV-B波を浴びた時にメラニンが生成され、波長が長いUV-Aを浴びることでさらにダメージが加わります。加齢によってターンオーバーの周期が長くなると、メラニンが残ってシミやそばかすができてしまいます。

日焼け止め ランキングでエイジングケア始めませんか?