ほうれい線は化粧品でもケアすることが出来ます。
消すと言うよりは目立たなくすると言う方が正しいのかもしれませんが、日々のケアによってほうれい線を消したいなら、しっかりとしかるべき化粧品でケアすることが大切です。
どんな方法があるのでしょうか。

ほうれい線を化粧品で消すための準備

ほうれい線は日頃のスキンケアが大切です。
化粧品で消すことも出来ますが、その前に準備が必要です。

メイクをする前は必ずしっかりと保湿ケアをします。
ほうれい線対策のマッサージやエクササイズも併せてしておきましょう。
これを習慣にしてしまうのが1番良い方法ですが、どうしても忙しい女性はせめて保湿だけでもしっかりと入念に朝晩行います。

メイクでほうれい線を消す方法

化粧品でほうれい線を消すには、上記の準備を行った後に、化粧下地を丁寧に塗ります。
しみやくすみが気になる部分にはコンシーラーを使うのも良いです。
ですが、ここで1つ注意するのは、べっとり塗り過ぎには注意するということです。

化粧下地は丁寧に塗って仕上げに指の腹で軽くとんとんと叩くようになじませます。
コンシーラーを使った場所もとんとんと叩くようになじませてあげると、ナチュラルな仕上がりになります。

ホワイピュアも一緒に使いましょう

この段階をしっかりと丁寧にしておけば、まずほうれい線が極端に目立つことはありません。

♥美容♥PR:ディセンシア 成分

厚化粧にしないために

ファンデーションは出来るだけ軽く乗せるような感覚で塗ります。
リキッドタイプの方もパウダータイプの方も厚塗りをしないことは鉄則です。
厚化粧にしてしまうと、余分なファンデーションがほうれい線に入り込んで境界線のように目立つようになりますから、必要な分だけを使うことがおすすめです。

化粧下地をしっかりと塗りこんだ箇所もファンデーションの量は同じように軽めにすることが大きなポイントです。
ファンデーションそのものの発色やつや感などを最大限に活かすためにも、厚塗りにならないように気を付けます。

ナチュラルなほうれい線の消し方はメイクの前にあり

ほうれい線があってもそれをメイクでナチュラルな感じにして消してしまうには、基本的にメイクをする前の段階が大切です。
しっかりと保湿してみずみずしい肌を土台として作っておけば、不自然な感じにはなりませんし、むしろファンデーションのノリも良くなります。

あくまでもコンシーラーを使うのは気になるところだけにして、左右非対称だとしても上手に肌になじませてあげるようにがんばりましょう。

【PR】
ちゅらトゥース