いつまでも若くいたいと願う女性を悩ませるシワ、シワが多いと年齢より上に見られてしまうことも珍しくありませんよね。
だから、シワは老化のシンボルとして忌み嫌われているのです。
ここでは、その憎きシワができる理由について考えてみましょう。

シワには2種類ある

老化のシンボルともいえるシワですが、実はシワのできる要因は加齢シワと乾燥シワの2つの要因があるのです。
加齢シワは歳を取ったことが理由なので老化のシンボルといえますが、乾燥シワは肌へのダメージが原因でできたものです。
そして加齢シワをなくすことはほぼ無理ですが、乾燥シワはなくすことが不可能ではないのです。

広告PR:キューティーバスト 成分

加齢シワは老化現象

加齢シワはいわゆる「老化現象」のひとつです。
年をとると身体のあらゆる部分が衰えてきますが、肌も同様です。
若いころはハリのある肌をしていても、年を重ねるとハリや弾力が失われてシワとなってしまうのです。
肌のハリと弾力を保つために重要な役割を果たしているのが、コラーゲンです。
コラーゲンは身体のたんぱく質の1/3を占める大切な栄養素ですが、年を取ると体内でコラーゲンを作り出す機能も衰えてしまうのです。
40代では10代の半分以下しかコラーゲンを作り出すことができなくなるため、肌のハリと弾力が失われてシワができてしまうというわけです。

筋力の低下もシワの原因です。
若いころは表情筋にもハリがありますが、年を取ると衰えて重力に対抗できなくなります。
すると顔の皮膚が下に垂れ下がってシワを作り出すことになるのです。

乾燥シワはなくせる?

シワのもうひとつの原因が乾燥シワです。
乾燥シワができるのは、乾燥や紫外線、生活習慣の乱れなどが理由です。
肌は乾燥や紫外線によってダメージを受けやすく、ダメージを受けると肌内の水分が不足するのです。
肝臓シワはその名前の通り、肌の水分が不足して乾燥してしまうことによって引き起こされます。
また、食事バランスの乱れや睡眠不足、ストレスといった生活習慣の悪さも肌に悪影響を与え、乾燥シワになりやすくなるのです。
したがって、日常生活において肌の保湿や紫外線対策、生活習慣の改善などを行えば乾燥シワをなくすことも不可能ではないというわけです。

【PR】
ニッピコラーゲン 効果